コラム|宮前平駅で歯科・歯医者をお探しの方は【宮前平医院 歯科】まで

時間
10:00~13:30
15:00~20:00
※毎月最終金曜日は歯科医師会参加のため、18時までの診療です。
:9:00~12:00
休診日:木曜・土曜午後・日曜午後・祝日
*急患は随時受け付けております

〒216-0005
神奈川県川崎市宮前区土橋2-1-30

  • 電話
  • メニュー

あなたに最適な義歯の選択肢とは

皆さんこんにちは。
東急田園都市線 宮前平駅近くの宮前平医院(整形外科)併設の宮前平医院 歯科です。

 

何らかの原因で歯を失った場合に使う義歯には、インプラント・ブリッジ・入れ歯の3つの選択肢あります。
それぞれの療法にはメリット・デメリットがあり、どれが適切かはその方によって変わってきます。

今回は、3つの方法についてご説明いたします。

 

入れ歯(総入れ歯・部分入れ歯)の特徴

取り外し可能な義歯で、一本の歯の欠損から全ての歯を失った場合にも対応できます。
入れ歯治療は保険診療と自由診療のどちらも選択可能で、保険診療の入れ歯であれば、治療費が安く済みます。
また、入れ歯を作る際には外科処置は不要で、持病があっても治療することができるため、身体の状態に関わらずどなたでも治療できます。

デメリットは、噛む力の弱さです。
部分入れ歯は天然歯と比べて噛む力が30~40%、総入れ歯では約10~20%と非常に弱く、しっかり噛みにくいことが最大の弱点です。
また、顎の骨が吸収するため入れ歯が合わなくなり、歯と粘膜の隙間に食べ物が挟まって痛んだり、温度や味が伝わりづらくなったりと、お食事の面で不自由を感じやすくなります
総入れ歯の場合は、すぐに外れてしまうこともデメリットです。

 

ブリッジの特徴

ブリッジとは、失った歯の両隣の歯を土台とし、3本以上の繋がった人工歯を固定する方法です。
固定式のため外れにくく、噛む力も入れ歯に比べて強くなります
入れ歯同様、ブリッジも保険診療と自由診療のどちらも選択可能で、保険診療であれば費用を抑えることができます。

しかし、ブリッジは土台にするために、両隣の健康な歯を削らなければいけません。せっかく健康な歯なのに、削ってしまうことで歯の寿命が短くなる恐れがあります。
また、ブリッジは清掃が難しく汚れが残りやすいため、口臭の原因にもつながりやすくなります。

 

インプラントの特徴

インプラントは、外科手術で顎の骨にインプラント体を埋め込み、人工歯を装着する治療法です。
顎に直接埋め込むため、天然歯に近い噛み心地で、固いものでもしっかりと噛むことができます。
また、見た目も自然で、機能面と審美面を兼ね備えた治療法です。

デメリットは、保険診療が適用されないため、治療費が高額になってしまいます。
また、外科手術が必要なため、シニアの方や持病がある方などはインプラント治療ができないこともあります。

 

まとめ

このように、どの義歯にもメリットとデメリットがあります。
どれが最適かは、お口や身体のコンディション、ライフスタイル、審美性、治療期間や費用などによって変わってきます。
どれの義歯を選ぶかは、歯科医師に相談して決めていきましょう。
当院でも、丁寧なカウンセリングで患者様に一番合う義歯をアドバイスいたします。


ページトップへ