インプラント|宮前平駅で歯科・歯医者をお探しの方は【宮前平医院 歯科】まで

時間
10:00~13:30
15:00~20:00
※毎月最終金曜日は歯科医師会参加のため、18時までの診療です。
:9:00~12:00
休診日:木曜・土曜午後・日曜午後・祝日
*急患は随時受け付けております

〒216-0005
神奈川県川崎市宮前区土橋2-1-30

  • 電話
  • メニュー

インプラントとは

「インプラント」とは「体内に埋め込む医療機器や素材」の総称です。つまり心臓のペースメーカーや人工関節のほか、美容整形で使われるシリコンなどは「インプラント」です。歯科領域で使用されるインプラント(人工歯根)は、正式には「デンタルインプラント」と呼びます。
しかし近年では、インプラントといえば、入れ歯やブリッジに代わる“義歯”、およびその治療法として広く世間に浸透しています。
インプラント治療は、歯を失った箇所の顎の骨に人工歯根を埋め込み、そこに人工歯を取り付ける治療法です。歯根が残る状態で行う「差し歯」とは異なります。
快適な噛み心地や高い審美性によってインプラント治療がますます注目を集めています。

インプラントの特徴

イメージ画像

インプラントと入れ歯はともに「義歯」ですが、その“仕組み”は大きく異なります。
入れ歯は、歯を失った部分に取り外しできる義歯をはめ、金具などで固定して使います。
一方、インプラントは顎の骨に「人工歯根」を外科手術によって埋め込み、それに人工歯を装着します。
実はこの人工歯根の有無が「噛む機能」の差として現れます。
入れ歯は噛む機能を回復するための治療法として最も一般的ですが、安定感がないために噛む力やかみ合わせに問題がよく生じます。
しかし、人工歯根が顎にしっかり固定されたインプラントは違います。
人工歯根によって、まるで自分の歯のような噛み心地を得られるインプラントのメリットとデメリットについてご説明します。

インプラントのメリット

  • 自分の歯のような噛み心地を再現

    インプラントは顎の骨に埋め込んだ「人工歯根」が、天然歯と同じような噛み心地を支える土台になります。
    人工歯根の材料としてチタンが多く使われますが、チタンは骨と結合しやすく、劣化しにくいという特徴があります。これにより人工歯根は骨としっかり固定されるため、強い力で噛むことができるようになるのです。

  • 審美性の高い素材で白く美しい歯に

    口元からのぞくインプラントの美しい見た目もメリットの一つ。
    従来の入れ歯や差し歯には不自然な色味やバネ部分が目立ってしまうものがあります。
    その点、インプラントの人工歯は主にセラミックやジルコニアといった審美性の高い素材が用いられます。美しく自然な見た目の歯や透明感に満ちた白い歯など患者様のご希望に応じて選べます。

  • 健康な歯へ負担がかからない

    噛む機能を補う方法として部分入れ歯やブリッジがよく用いられます。ところが、他の歯に金具をかけたり、歯を削る必要があるなど、固定するためには健康な歯に負担をかけなければなりません。
    インプラントは一部の治療法を除き、骨からしっかり人工歯を支える義歯なので、残っている健康な歯に負担がかかることはありません。

  • 心も体も良い状態へ導きます

    「噛む」ことは私たちの脳に刺激を与え、脳を活性化する効果があります。
    しっかり噛めるインプラントは健康面や精神面も良い状態へと導きます。
    たとえば食事中に噛む回数が増えると、唾液とともに成長ホルモンの一種である「パロチン」の分泌も促されます。パロチンはその作用から“若返りホルモン”とも呼ばれています。

インプラントのデメリット

  • 治療費やメンテナンス費用が高額に

    インプラントは患者様が費用を全額負担する「自由診療」による治療なので、保険診療による一般的な歯科診療に比べると、高額になることは否めません。
    そして、インプラント治療後は定期的にメンテナンスを行うことが必要です。治療後のメンテナンスにかかるコストについても、あらかじめ把握しておくとよいでしょう。

  • 手術を伴うため治療期間が長期に

    インプラント治療は外科手術を伴うため、一般的な歯科診療よりも長い治療期間が必要になります。
    治療の全期間において手術以外にも抜歯や経過観察などで5回は通院が必要です。そして治療期間は患者様のお口の状態によって異なりますが、顎の骨とインプラントが結合するまでに下顎で2~3ヶ月、上顎で4~6ヶ月ほどかかります。

  • 手術である以上、リスクが伴うに

    インプラント治療は、インプラント(人工歯根)を顎の骨に埋め込む手術をしなければなりません。
    麻酔を使用しますので痛みはかなり抑えられますが、患者様の体質によっては負担がかかる場合もあります。
    手術にはリスクが少なからず伴いますので、持病のある方や妊娠中の方などはかかりつけの医師や歯科医師に相談しましょう。

  • 治療後、定期的なメンテナンスが必要

    インプラント治療後は、インプラントを長持ちさせるために定期的なメンテナンスが必要です。
    メンテナンスではインプラントの定着状態やかみ合わせのほか、かぶせ物などお口の中をくまなくチェックして、場合によっては処置を行います。お忙しい方には多少不便かもしれませんが、3ヶ月に1度は受診されることをおすすめしています。

ページトップへ